WiMAXと無料Wi-Fiスポットを比較

MENU

WiMAXと無料Wi-Fiスポットの違いとは?

wimax wifi 違い

 

無料Wi-Fiスポットとは無線LANのアクセスポイントが設置されたカフェや宿泊施設、駅等、現在全国各地で使われている公衆無線LANの事をさします。カフェでパソコンなどを持ち込んで、無料でインターネットを使用できるのが魅力てきです。

 

 

では、この無料Wi-FiスポットWiMAXではどういった違いがあるのかご説明していきたいと思います。

 

 

WiMAXとWi-Fiってなにか違いがあるの?

 

WiMAXとWi-Fiと言えば、LANケーブルを使わなくてもインターネットを楽しむ事ができ、そんなに違いが無いように思えます。確かに、使っている分には特に違いが分かるわけでもありませんが、WiMAXとWi-Fiのように名前が違うので、二つにはやはりそれなりの相違点が存在します。

 

 

Wi-Fiというのは「Wireless Fidelity」の略で、簡単に説明すると無線LANの規格の事を指す言わばブランド名と言ったところです。「グッチのバック」があったとしたらバックが「無線LAN」でグッチが「Wi-Fi」という事です。

 

 

自宅などで使用する際は光ファイバーなどのルーターは無線LANにする事で、電波の届く範囲内でネット環境に接続可能です。また、外出先でもWi-Fiスポットを使用してPCに接続可能ですし、ポケットWi-Fiがあれば3G回線を通してWi-Fiを使用可能です。

 

 

WiMAXは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、建物内などで使用する事を想定された無線LANとは異なり、広いエリアで高速通信が可能な新しい無線通信技術の事を指します。建物内部だけに限らず外出先でもモバイルルーター一つで高速通信が可能です。

 

 

WiMAXとWi-Fiってどっちが便利?

 

自宅などで光回線等を通してWi-Fiを利用する分には全く不便ではなく、快適なインターネットを使用可能です。また、光回線は速度制限がないため、スマートフォンなども自宅であれば使い放題で速度制限がかかる危険性が無くなります。

 

 

しかし、引っ越しなどの際にプロバイダに引っ越しの手続きをとって、ルーターを回収する必要があったり、引っ越しさきで再度回線工事を行わなければならない面倒くささがあります。

 

 

転勤などの移動が多かったり、出張が多い人の場合はWiMAXが向いているかと思います。基本的に回線工事などの必要は一切ありませんし、月額も光回線と比べて金額を抑える事が可能です。

 

 

しかし、ギガ放題でない限り通信量が制限されてしまいます。ギガ放題だとしても3日に3GBという制限が設けられるので、インターネットで動画やダウンロードなどで通信量を使用しすぎると速度制限がかかってしまう不便性もあります。

おすすめコンテンツ