WiMAXが故障してしまった場合は修理はどうすればいい?

MENU

WiMAXが故障してしまった場合は修理はどうすればいい?

wimax 故障 修理

 

WiMAX対応のモバイルルーターから煙がでたり、落として電源が入らなくなってしまい故障してしまった場合、自分で修理するのは非常に困難なので、手段としては契約しているプロバイダに問い合わせてどういった手順を踏めばよいのか聞くしかありません。

 

 

よくUQ WiMAXに問い合わせる必要があるといった情報をインターネット上で目にしますが、それはUQ WiMAXで契約している場合のみとなります。

 

 

例えば、あなたがBIGLOBEでWiMAXを契約している場合、契約内容を握っているのはBIGLOBEとなるため、UQ WiMAXに問い合わせても契約内容が不明ですし、個人情報の為UQ WiMAXで契約内容を調べる事ができない為、まずは契約しているプロバイダにお問い合わせしてみましょう。

 

 

修理費っていったいどれくらいかかるの?

 

使用しているモバイルルータにもよりますが、修理する場合、前基盤取り替えという対応がとられる可能性が多い為3万円程かかる事があります。その為、修理を出すのではなく新しく専用の端末を購入するといった対応をとるユーザがほとんどです。

 

 

しかし、基本的に修理代がかかるのは水濡れなどの故障であり、普通に使っていて突然壊れてしまった場合は端末取り換えが無償で可能です。

 

 

これはどのプロバイダにも共通しており、端末購入と同時に保証書が必ずついてきます。保証期限は端末によってそれぞれですが、大体1年〜2年ほどの保障がつきますので大切に保管しておきましょう。

 

 

また、ほとんどのプロバイダには故障の際に役に立つサポートプランが設けられており、それに加入する事で、たとえ水濡れであっても申込者の口座に見舞金として修理費を3万円ほど振り込まれるサポートが存在します。
このサポートに加入すると月額約500円ほど上乗せになりますが、もしもの時に入っておくと良いでしょう。

 

 

故障した!どのプロバイダで契約しているかわからない!

 

ルーターが故障した為、プロバイダに問い合わせをしようとしたが自分が契約しているプロバイダが分からない。実際にこういうユーザもいるかと思います。ほとんどの場合、郵送されてくる明細書で確認ができますが、それでも不明な場合は「確認くん」というサイトに飛んでみてください。

 

 

あなたのPCの情報が確認する事ができます。多数の項目が存在するのですがその中で「クライアントホスト名」をみると、プロバイダが解かります。重要なのは語尾で、例えばBIGLOBEなら語尾の方に「tky.mesh」と表示されます。

 

 

一目でわかるプロバイダもいくつかありますが、一目で分からないものが多いので、語尾をコピーしてインターネットで検索してみると良いでしょう。そうすれば自分が契約しているプロバイダが解かります。しかし、これはモバイルルーターが故障してしまった場合インターネットが使用できないので今のうちに調べておく事をおすすめ致します。

おすすめコンテンツ