WiMAXとフレッツ光を比較

MENU

wimaxとフレッツ光を比較

フレッツ光は依然として人気のインターネット回線です。
年配の方ですと電話やインターネットはNTTと考えている人は未だに多いですからね。

 

 

長年使ってきた回線で愛着を持っている人も多いですし、安定性があるので人気です。

 

 

フレッツ光

フレッツ光の場合、一戸建てとマンションで大きく料金が変わってきます。ただ最近はキャンペーンを行っているので申し込んでから2年間は以前よりは安く利用できるようにはなってきました。

 

 

例えば東日本の一戸建てでフレッツ光を申し込んだ場合、プロバイダーがOCNだったら最初の2年間はプロバイダー料金込5500円で利用することができます。2年間経過すると『にねん割』がなくなるのでプラスで700円高くなります。

 

wimax2+が3600円前後で利用できることを考えると2千円近くフレッツ光の方が高いです

 

 

東日本のマンションタイプ、プラン2(光配線方式)で利用した場合、プロバイダーOCNで4050円となります。wimax2+とくらべてもそこまで料金は変わりませんね。
お住いのマンションによって料金は異なります。こちらは一番安いプランが入っているマンションの場合です。

 

 

ただ、フレッツ光の場合、一戸建てならば500円、マンションタイプのVDSLならば1000円前後で固定電話の回線をつけることができます。電話の基本料金が2000円近くかかるので、電話込みならそこまで変わらないイメージでしょうか。

 

 

ちなみにマンションの場合、フレッツ光は安いですが住民と回線を共同で利用することになるので注意が必要です。

 

関連記事:wimaxはマンション住まいにおすすめ

 

 

家族が多い一戸建てなどでは光回線などの固定回線は合ったほうが便利かと思います。
光回線にはフレッツTVや光電話などインターネット以外にも便利な機能は多いですし、wimaxの電波だけでは自宅の全部屋にネット回線がつながらない危険性も有ります。

 

 

ですので、自宅の回線と持ち運びの回線として、両方持たれる方が多いですね。
私も実家にいた時はそのように利用をしていました。

 

 

家が大きくパソコンを複数利用する方がいたり、動画などのアップロードを頻繁にされる方はフレッツ光回線の方が回線は安定します。wimax2+は上りは10Mbpsしかでませんのでアップロードは結構時間がかかります。

 

 

パソコンよりもタブレットやスマホがメインならばフレッツ光1回線よりも、wimax2台などを選ばれる方も多いですね。好きなときに持ち運んで利用することもできますのでおすすめです。

おすすめコンテンツ