WiMAXとADSLを比較

MENU

wimaxとADSLを比較

これからインターネットを契約される方でADSLを検討されている方はいらっしゃるのでしょうか?今は光回線やLTEなどが主流になってきていますが、ADSLとwimaxを比較しみましょう。

 

 

ADSLは昔ながらの電話回線を利用したインターネットです。ADSLが世の中に出るまではISDNなどの低速インターネットしかなかったので、高速で使い放題で利用できる回線は大人気になりました。

 

 

ADSLは無制限で利用することはできますが、最近はLTEのような制限付きのインターネットも増えてきてしまいましたね。

 

 

ADSLの種類

 

  • NTTが行っているフレッツADSL
  • イー・アクセスのADSL
  • Yahoo ADSL

 

この辺りが有名ところです。

 

 

フレッツADSL

フレッツADSLに関しては光回線と料金が変わらないか、もしくは高く付くので、フレッツを選ぶのでしたらフレッツ光の方をおすすめします。あくまで、フレッツ光が利用できない地域で利用する回線かと思います。

 

 

47Mタイプで3232円、プラスでプロバイダー料金が1200円ほどかかるので利用料金は4500円前後となってしまい、wimaxよりも割高になります。

 

 

イー・アクセス

イー・アクセスは非常に料金が安いADSLとして有名です。
12M回線、50M回線など速度によって料金が変わるのですが、OCNであれば12Mで2020円、50Mで2840円で利用することができます。

 

 

電話回線なしでも申し込むことはできるのですが料金は12Mで2,840円、50Mで4,227円となります。

 

 

Yahoo ADSL

Yahoo ADSLは2年間の継続契約で12Mタイプが1,801円、50Mタイプが2,564円とかなり安い価格で利用することができます。

 

 

ADSLとwimaxどっちがいい?

ネットは速度や環境よりも安いことが優先なのであればADSLはおすすめです。
Yahooでしたらかなり安く料金を抑えることができます。

 

 

ただ、ADSL回線はもう10年以上も昔の回線になるので、最新のネット環境に合わせるのでしたらやはりwimaxや光の方がいいかと思います。
特に今は自宅に電話回線を引かない人が増えてきているのでそういったケースでしたら速度もwimaxのほうが速いですしいいでしょう。

 

 

ADSLはネットをあまり利用しない人用の回線ですね。
注意点としてはこれからADSLを申し込む人は安い料金なのですが、昔から利用し続けている人はイー・アクセスでも5000円以上の料金を払っている可能性があります。

 

 

初期のタイプだと8Mタイプでも5000円以上取られている可能性があるので一度料金の見直しをしてみることをおすすめします。

おすすめコンテンツ