NAD11とHWD14の比較・どっちがおすすめ?

MENU

NAD11とHWD14の比較・どっちがおすすめ?

wimax2+の新しい端末NAD11と最初のHWD14の比較をしようと思います。
一見そこまで変わらなく見える端末ですが、この2つ機能がかなり違います。

 

 

NAD11のメリット

まずNADにはHWD14に無かった機能が2種類追加されました。

 

 

  • wimaxハイパワー
  • 無線LANが5GHz・11ACに対応

 

wimax2+に変更を躊躇していた人の中には、この機能が欲しかった人は多いでしょう。

 

 

wimaxハイパワーというのは、wimaxの電波を強力にしてくれる機能です。
wimaxはLTEに比べるとちょっと電波の状況があまり良くありません。
ただ、wimaxハイパワーがあると、電波が弱いところでも電波を拾いやすくなるんです。

 

 

wimax2+にはハイパワーという概念はありませんが、電波が弱いところでは通常のwimaxで繋いでくれるわけですね。HWD14にはwimaxハイパワーの機能はないので、電波の繋がりではNAD11の方に軍配が上がります。

 

 

無線LANの機能でも11ACに対応しましたので、家庭でメインの回線として利用する人には非常に便利です。HWDでは端末の側で利用する分には問題無いですが、wifiの電波が弱いので他の部屋で利用するには向きませんでした。

 

 

家庭でwifiの電波を飛ばす場合もNAD11の方がメリットがあります。

 

 

NAD11でしたら電波状況も完全されているので家庭の中で1本化するのも問題はなさそうです。NECは今までのwimax端末の中でも人気の商品を作り続けているので、この辺りはやっぱり強いですね。

 

 

端末もNAD11の方が薄くなっているので持ち運びには便利となっています。

 

 

通常のwimaxの端末にwimax2+の範囲がプラスされたものと同じなので、NAD11があればもうwimaxを購入する意味はほとんどないかもしれません。1年契約が可能っていう部分だけでしょう。

 

 

NAD11のデメリット

 

LTEが利用できない

 

wimax2+の売りの1つでもあります。au 4g Lteでの接続が出来ません。
何故??ってかんじですよね。メインの機能を削ってしまうことに意味はあるのでしょうか・・・。

 

LTEに関しては有料に変わっていきますので、wimax2+があれば十分、LTEは使わないという人にはNAD11の方がいいと思いますが、LTEも利用したいという人は現場ではHWD14を購入するしかありません。

 

 

電池の持ちが悪い

HWD14に比べるとNAD11の方が電池の持ちが悪くなっています。スマホのアプリを使ってオン、オフを切り替える機能が付いているのですが、繋ぎっぱなしで利用する上ではHWD14の方が電池が持ちます。

 

 

ただ、NAD11はバッテリーを外すことができるのでバッテリーの変更も可能なタイプとなっています

 

 

結局どっちがいいの?

 

キャッシュバック金額を比べてみるとHWD14はとくとくBBで23,800円なのに対し、NAD11は19,800円となっています。

 

  • LTEと電池の持ちならHWD14
  • WIMAXの電波重視ならNAD11

 

私の場合は追加料金になるLTEを利用する機会は少ないだろうと考え、NAD11を購入しました。

おすすめコンテンツ